『祈りの実りとは ー 識別のための光 ー』 講師 クラウス・バイヤー神父(ノートルダム・ド・ヴィ司祭部会員)通訳 片山はるひ 2017年11月11日収録

2018年4月1日

昨年11月にお届けしたクラウス神父様の第1講話『沈黙の祈りと神との親しさ』が好評でしたので、同日に行われた第2講話もお届けします。約49分です。片山さんが日本語に逐次通訳しています。余分な部分を出来るだけカットしましたので、第1講話より聴き易いと思います。

 

講話『祈りの実りとは ー 識別のための光 ー』
講師 クラウス・バイヤー神父 (ノートルダム・ド・ヴィ司祭部会員)
通訳 片山はるひ (ノートルダム・ド・ヴィ会員)

”Les fruits de la prière, la lumière de discernement” – P.Claus Bayer
(2017年11月11日 収録)

 

第1講話はこちら↓
『沈黙の祈りと神との親しさ』講師 クラウス・バイヤー神父

 

クラウス・バイヤー 神父
1966年ドイツ生まれ
1995年ノートルダム・ド・ヴィ司祭部入会
現在、ドイツにおけるノートルダム・ド・ヴィの活動に従事しながら教区司祭としても奉仕している。ノートルダム・ド・ヴィ神学院 非常勤講師

『祈りの実りとは ー 識別のための光 ー』