【音声】『待降節の意味~神を待ち望む~』(1)講師 クラウス・バイヤー神父(ノートルダム・ド・ヴィ司祭部会員)通訳 片山はるひ

2018年12月1日

講話『待降節の意味~神を待ち望む~』(1)
講師 クラウス・バイヤー神父 (ノートルダム・ド・ヴィ司祭部会員)
通訳 片山はるひ (ノートルダム・ド・ヴィ会員)

11月の「講話と祈りの集い Special」での待降節に関する講話を第1部と第2部に分けてお届けします。今回は第1部です。

待降節に灯されるクリスマスリースの4つのろうそくを軸に語っています。
(2018年11月10日 収録  約1時間の講話のうちの前半約26分)

※当初、英語→日本語での通訳とお知らせしておりましたが、最終的にフランス語→日本語での逐次通訳となりました事をお詫びいたします。

“Le sens de l’avent” 1er partie – P.Claus Bayer

クラウス・バイヤー神父
1966年ドイツ生まれ
1995年ノートルダム・ド・ヴィ司祭部入会
2004年ノートルダム・ド・ヴィ本部にて司祭叙階
現在、ドイツにおけるノートルダム・ド・ヴィの活動に従事しながら教区司祭としても奉仕している。
ノートルダム・ド・ヴィ神学院 非常勤講師